columns

  1. HOME
  2. ブログ
  3. その他
  4. 近況@緊縛に明け暮れる日々

近況@緊縛に明け暮れる日々

緊縛を本気でやろうと火が付いたのは去年の12月。ハマるとのめり込んでしまう性格のおかげか、吊りをやすやす出来る様になりました。けれども難しい。何十年も緊縛を極め、愛し、広めてきた方々にはもちろん頭が上がらない。緊縛は本当に興味深い世界だと思います。
先月は練習に付き合ってくれる受け手さんを募集し、たくさん練習させていただきました。ずっと会ってみたかったけれどセッションだとハードルがあって…というマゾも来てくれた。もちろんセッションではないから、ラフな会話をしながら縛らせてもらったわ。緊縛が上手くなりたい!という私利私欲で一方的かもしれないけれど、しっかり練習台として活用させていただきました。まだまだ上手くないのに身体を貸してくれる練習台マゾたちにはしっかり還元してあげないとね。

縦吊りの方は女性。男性の体と比べて女性は本当に柔らかくて、軽くて縛りやすい。ふわっふわ。やっぱ女性は素晴らしい。
逆エビになっている方は男性。男性の割には身体が柔らかくて、比較的縛りやすかった。
受け手の方々の身体の特徴に合わせて縄を選定し、危険な部分を回避しながら手早く縛りあげる。これがとても難しい。縛れば縛るほど壁にぶつかって勉強になるのが、本当に楽しくて夢中になってしまった訳です。
まだまだ緊縛のムーブが続いているので、女性も男性も問わずに受け手さん募集します。いつでもお問い合わせページからメッセージを送ってみてください。

最近のセルフィー。カレー屋さんで妹が撮ってくれた私の写真。マゾがプレゼントしてくれた星のピアス、とてもかわいい。


通常のセッションの予約は、こちらから。ページの最後まで見ると、bookingページが表示されます。スケジュールは出していませんので、候補日を第二候補まで埋めてお送りください。平日お昼頃は比較的都合つきやすいです。

関連記事