columns

  1. HOME
  2. ブログ
  3. セッション記録
  4. 女装子とのセッション記録。

女装子とのセッション記録。

女装子Mとのセッション。初めてのセッションはアルファインで。

感動してしまうことがたくさんだった。
緊縛や拘束が好きで、”可愛いもの”が大好きなM。所持しているメイク道具や衣装は全部かわいい。ピンクのポーチに、ジルスチュアートやイヴ・サンローランのコスメがたくさん詰まっている。私が準備するように事前に言っておいたつけまつげは種類豊富。一見なんてことない黒の普通のスーツケースには、キラキラしたスパンコール付きのいやらしいドレスやコルセット、金髪のカールヘアのウィッグ。そんな宝箱を恥ずかしそうに私に見せてくれる。セッションそっちのけで私も思わず可愛い…と夢中になってしまうくらいの!私も可愛いものが好き。

そんな宝箱から私の気に入ったコスメでMを改造していく。私の大好きなキラキラのラメとつけまでギャルみたいなメイクを施されたM。私の手にかかれば、冴えないオスマゾもニューハーフギャルへ変貌よ。鏡を見て、嬉しそうな恥ずかしそうなM。これでメスマゾになれたとお思い…?そんなことはないわ!
見た目を着飾ったら、さっそく「中身」の改造へ。中身って何かしら?
まず身体ね。メスになるってことは、アナを開発しなきゃ。男の象徴に別れを告げ、アナでしかイケない、そんな生き物がメスなんだから。次に思想の改造。メスマゾってのは、男でも女でもない、そんな哀れな生き物なのよ。お前の役目は、私のような上位の女王様に、無条件で穴を差し出すだけでいい。アナとしての説教を受けながら、私のペニス、私の腕、全てを飲み込んでしまうMのアナ。身体にもアナである自覚を受け付けられてしまう…。え?「洗脳」なんて恐いことはしてないわ!だって私は善い事をしているんだから。モテ女レッスン、とでも言って頂戴。こんなレッスン受けたら、骨の髄まで可愛くなれちゃうね。あ〜、なんてメスって弱くて可愛い生き物なのかしら!

だけれど、可愛いものって破壊したくなってしまうのよね。そう、私は”キュートアグレッション”の持ち主。
愛おしくてたまらないものを破壊したくなる願望を、キュートアグレッションと言うらしいのですが、私にはこれに近しいものがあります。可愛く思えて堪らないものや、知りたくて堪らないものを“破壊”したい、そんな衝動があるのです。
この衝動を噛み砕くと、「自分の手で壊してみないとモノの原理がわからない」そんな理屈にたどり着きます。私はこういう理屈っぽい人間です。私の理屈でねじ伏せられてしまう弱い生き物が可愛くてたまらない。


海老反りで緊縛したら、何も自由はきかないわ!この状態で何をしちゃうかは、もうわかるでしょう?
元々、手癖でボールペンの分解や、学問として人体の構造を勉強するが好きだったのですが、いつしか、興味対象がモノから生き物へと広がり、キュートアグレッションに近しい性癖に変わりました。そんな私は興味のある人に対してこう思っています。
「追い詰めて相手を感情的に昂らせなければ、相手の手の内を知ることができない。」

腹パン、窒息寸前までの顔騎、首締め…生死スレスレの状況。そのスリルを強制され、逃げられるわけがない。私はお前の手の内を知りたい。どこまで醜くて汚い生き物として堕ちるのか。お前は私に従い、心を丸裸にして身を委ねたい。命令に従い奴隷として堕ちることがなんて幸せで、素晴らしいことか。

ふふふ!メス化調教って深くて難しいでしょう!その分、堕ちてしまったらもう上がって来れないわ。
こうやって私のルールのもと創設したSMクラブで、女装マゾの調教をしていると、リアルに「メス化調教専門店」の店主になった気分ね(笑)
M、今回も楽しい時間をありがとう。

関連記事